時間ができてきた

最近は、やっと自分の時間ができるようになってきました。
本もたくさん読めるようになってます。
ちょっとうれしい。

最近読んだのは、話題の「フリー」です。
日経新聞で紹介されていたので、読んでみたくなりました。
考えてみると、テレビCMでも色々な商品の無料サンプルを配ったりしていますよね。
請求をすると、その後にダイレクトメールが届くようになります(体験済み)。
でも、勧誘の電話が来ないだけ、良いと思いますね。
posted by えほん at 13:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1Q84 第3巻

村上春樹「1Q84」の第3巻が発売されますね。
前から出る出る、と言われていましたが、本当になりました。
今からワクワクしています。
もちろん、既に予約を済ませました。

それに、今年はどんな本がベストセラーになるでしょうか?
去年は「1Q84」の一人勝ちでしたが、今年もそうなってしまいそうな予感がします。
posted by えほん at 12:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

推理小説

最近は推理小説を読んでいます。
架空の話ではなく、実際にあった事件を元に作られているので面白いです。
つい最近あった事件をモチーフにされている話も入っていて、興味深く読みました。

でも、刑事や鑑識の人って、最新技術を使って、様々なことを分析したり調べたりしています。
絶対に証拠が残るので、悪いことはできない!ということがよくわかります。
DNAとか指紋とか。

それに、不鮮明な監視カメラの映像でも、様々な画像処理をすることで、色々なことが分かるようになるんですね。
びっくりしました。
posted by えほん at 12:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス書

最近は、ビジネス書を読むことが多いです。
仕事の関係もあるので。

ビジネスで成功した話というのは、セミナーに行ったり、本を読まないと知ることができないし、今まで自分の知らなかった分野でこんなに稼げるんだ、ということを知ることができます。
今読んでいる本も、今までは誰も稼いでいなかったジャンルで大成功した例が紹介されています。

それに、このビジネスモデルは、どのジャンルにも当てはめて考えることができます。
この本を読んだ人の多くは、何でこの方法を紹介してしまったのだろう?と疑問に思うそうです。

でも、マネをするためには、他にも色々なノウハウが必要になります。
考え方が一つ違えば、失敗してしまう場合もあるようです。

その代わり、しっかりと考えて実践していけば、きっと上手く行くそうです。
私もちょっと刺激されました。
posted by えほん at 13:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1Q84の続編?

ネットのニュースを見ていたら、村上春樹の「1Q84」の続編が出るのでは!?という記事を見つけました。
来年の出版を目指して執筆しているようですが、本当かどうかは不明です。
書店には予約の注文も来ているようですが、発売が決定していないので、困っているようです。

でも、本当に出版されるとしたら、とてもうれしいです。
過去には「ねじまき鳥クロニクル」も2巻で完結だったのに、続編が出たということもあるし。
posted by えほん at 14:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書の時間ができました

夏も終わって、身辺も落ち着いてきたので、読書の時間ができてきました。
毎日2時間くらいは、自由時間を確保できるので、今までの分を取り返すように、本を読んでいます。
やっと読みたくて積んでおいた本を片付けることができます。
薄っすらとホコリがたまってしまいそうだったので、ひと安心。

それに、秋の夜長なので、読書をして過ごすのにピッタリですよね。
涼しくなってきたし。
posted by えほん at 13:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書の時間がありません

夏休みに入ったせいか、色々と忙しくて、読書をする時間が全くありません。
読みかけの本もあるから、かなり残念な感じです。
ちょっとした時間に雑誌をパラパラと見るくらいしか、余裕がありません。

夏休みが終われば、少しは落ち着いてくるかなぁ、と思っています。
早く夏が終わりますように・・・。
(何かヘンなお願いだけど。)
posted by えほん at 13:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館司書

最近、図書館司書に興味があります。
図書館員として働くための資格ですね。

図書館で働くのって簡単だろうと思っていたのですが、「図書館員への招待」という本を読んでいたら、意外と難しそうです。
専門用語(ISBNなど)をきちんと理解していないといけないし、その人が探している本、ニーズに合った本を探し出す能力がなければなれません。
それに、募集も少ないので、図書館司書として働くのは狭き門となっていいるそうです。

小学校の頃、若い女の先生が図書室専門の先生として、赴任してきたことがあります。
きっと、その先生は司書を目指していたのだと思います。
すぐにみんなの人気者になって、休み時間に図書館へ行く子たちが増えました。

こう考えてみると、図書館司書って魅力的な仕事ですよね。
posted by えほん at 13:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おたまじゃくしが空から降ってきた

最近、「おたまじゃくしが空から降ってきた」というニュースが話題になっていますね。
こういった現象は世界各地であるそうですが、原因は竜巻だろうとされています。

でも、日本で起きたこの現象は、竜巻が発生するような天候ではなかったため、謎に包まれているそうです。
それに、今日ニュースを見ていたら、小魚が民家の前に数匹落ちていた、というニュースもやっていました。

こうなると、誰かのイタズラの可能性が高いような感じもします。
ミステリーサークルのように。

一体、この謎はいつ解き明かされるのでしょうか??
posted by えほん at 13:37 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館で紙芝居

この前、久しぶりに図書館へ行きました。
夕方だったので、ちょうど学校帰りの子供たちもたくさんいました。
子供向けの本のコーナーには、絵本がたくさんありました。
みんな、友達と一緒に絵本を探して読んでいました。

そのうちに、高学年の子が低学年や幼稚園の子供たちに、紙芝居を読んであげるコーナーが始まりました。
紙芝居を見たのも久しぶり。
とっても懐かしかったし、子供たちは真剣に見ていました。
こんな風景っていいですね。
posted by えほん at 13:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。