震災から1年

去年の3/11の震災から1年が経ちました。

復興にはまだまだ時間がかかり、様々な問題も残っています。
この前、テレビを見ていたら、高台に新しい家を建てる話が出ているけれど、高台は瓦礫だらけ、という報道をやっていました。
高台の瓦礫が片付いて新しい家ができたとしても、高台ではなく山のような場所なので、車で行くにも降りるにも大変な場所、ということでした。
なかなか大変ですよね。

私は春になったら、ボランティアとして現地の子供たちに絵本を贈ったり、朗読会を開きたいと思っています。
今はそのための準備をしています。
仕事の合間に時間をみつけて準備をしています。
はやく実現できるといいと思っています。
posted by えほん at 13:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本よりマンガ?

最近、子供たちが大きくなってきたせいか、絵本よりもマンガを熱心に読んでいます。

ちょっと寂しい感じですが、仕方ないですね。
マンガを読む前には、必ず勉強や宿題をやらせています。

そのうちに、マンガよりも本や小説を熱心に読んでくれれば、と思っています。
色々な本を読むことは、大切ですからね。

ちなみに私は現在、確定申告の準備をしなくてはならないので、なかなか本が読めないでいます・・・。
posted by えほん at 14:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスに絵本の朗読

クリスマスに絵本の朗読をすることになりました。

知り合いがピアノの先生をしていて、そこで生徒の子供たちを集めて、クリスマス会を開くそうです。
お呼ばれしたので、私はいくつか絵本を持って行って、朗読をすることになりました。

今は準備で大変ですが、すごく楽しみです。
子供たちの笑顔を見るのが楽しみです。
posted by えほん at 15:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティーブ・ジョブズの本

最近は、スティーブ・ジョブズの本が売れていますね。

私はあまりアップル製品を使ったことはありませんが、先日、彼が亡くなったニュースを聞いたときはちょっとショックでした。

でも、かなりすごい人ですね。
ニュース番組でも色々な逸話が紹介されていました。
ほぼ完成していたアイフォーンをこれではダメだと言って作り直しを命じたり、内側の見えない部分にもものすごいこだわりを持っていたり、などなど。

時間があったら、本も読んでみたいですね。
一体どんな人だったのか、ものすごく興味があります。
posted by えほん at 13:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書の秋

もう9月だから、季節は秋ですよね。
でも、まだまだ残暑が厳しい。

読書の秋にしたいのに、夜も蒸し暑くて、ゆっくり読書する気分にもなれませんね。
ちょっと残念です。
読みたい本はたくさんあるのに・・・。

ちなみに今読んでいる本は、風水関連の本です。
ガラクタを捨てれば運が開けるよ、という内容。
日本人ではなく、アメリカ人が書いています。
アメリカでもベストセラーになっていて、アメリカ人も風水に興味があるのだなぁ、と思いました。
posted by えほん at 13:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みは図書館へ行こう!

いよいよ、子供たちが夏休みに入りましたね。

ウチも毎日大変なことになっています。
朝から、騒がしいので、てんてこ舞いになってます。

それに、夏休みには子供を図書館へ連れて行くことにしています。
理由は静かだし、涼しいし、お気に入りの本が読めるから。

子供たちは、絵本の朗読コーナーへ預けておいて、私はそれを見ながら本を読むようにしています。
無料で時間が潰れるし、子供たちも喜んでくれるので、ウチの定番になっています。
posted by えほん at 15:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子書籍で絵本

最近は、本当に電子書籍をよく目にします。
今日の日経新聞にも、電子書籍の記事が掲載されていました。

電子書籍は、音楽を流したり、絵を動かしたりできるので、絵本向きかと思います。
子供も喜びそうだし。

でも、目に悪いと思うので、子供があまり凝視しないようにする工夫も大切ですよね。
その辺のことを考えて、きちんと開発して欲しいと思います。
posted by えほん at 13:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作り絵本

この前テレビを見ていたら、お母さんが子供のために、絵本を手作りしていました。

本棚には、お母さんの手作り絵本がたくさん並んでいて、子供が小さい頃から作っていて、読み聞かせをしていたそうです。
とっても素敵だなぁ、と思いました。

私は小学生の頃に、学校の授業で絵本を作ったことがあります。
自分で物語を考えて、絵も描きました。
我ながら良く出来た、と思っていたのだけど、先生からの評価はイマイチだったので、とても残念に思った記憶が残っています。
posted by えほん at 12:56 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災後の寄付

東日本大震災では、多くの方が避難生活を送っています。

食料や燃料も足らずに、とても辛い毎日を送っていることと思います。
私も計画停電を経験しましたが、たった3時間の停電でも、体は冷えるし何もできないし、ということで大変でした。
これが毎日続くというのは、本当に耐えられないと思います。

私にできることは、募金と物を寄付することだけです。
部屋には絵本がたくさんあるので、被災地の子供たちのために、絵本を贈ることにしました。
役所に行くと、受け付けている物品が分かるので、調べてみるのも良いと思います。
posted by えほん at 12:49 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に絵だけの絵本

普通の絵本は、絵が大きく描かれていて、文章がちょこっとあります。

でも、最近は、本当に絵だけの絵本を見つけることにしています。
雑誌「ダ・ヴィンチ」を見ていたら、ある絵本を見つけて、それが本当に絵だけで作られていたからです。

絵だけで物語が進行するので、読む人にとって、想像がとても広がるでしょう。
感じ方も違うと思います。
面白いですよね。
posted by えほん at 13:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。