長期間休むカフェは客をバカにしている

高慢な人間が経営しているあのカフェですが、今現在は長期間休んでいます。

こういった自分都合で休んでしまうようなお店は、客をバカにしていると思いませんか?

普通、お店というのは、お客さんのために開いているものです。
自分の都合や遊びのために、好き勝手に店を休まれては、客が迷惑してしまいます。
せっかく来た客をみすみす逃しています。
帰った客は、二度と来ることはないでしょう。

まぁ、そんなひどい店というのは、そのうちに潰れてしまうと思います。
私も絶対に行こうとは思いません。

では、さようなら。
posted by えほん at 14:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに読書の時間

先月までに、仕事に関する本は全て読み終えました。
毎晩なかなか大変でしたが、参考になりましたよ。
ただ、寝不足で毎日大変でした・・・。

それに、今月はやっと自分の好きに読書ができるようになりました。
最近は、ダイエットや健康関連のハウツー本を読んでいます。
ロングブレスダイエットを実践してみて、まだ1ヶ月程度ですが、少しずつ成果が出てきたので、本当にうれしいです。
手軽にいつでもできるダイエット方法なので、気が付いた時や本を読みながらでも実践することができます。
オススメですよ。
posted by えほん at 13:22 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また仕事の本を読んでいます

最近は、仕事で必要な本を読んでいます。
とりあえずは、3冊あるので、これを早く読み終えたいですね。

でも、働きたいなぁと思う会社の社長さんが書いている本なので、読んでいて面白いです。
とっても参考になります。

あと、もう一冊はデザイン関連の本です。
素人にも分かりやすいように書かれていて、Amazonの書評も良かった本なので、読んでみたくなりました。
仕事で企画書のレイアウトなどの勉強になると思いました。

もう一冊は、仕事関連のマナー本です。
これは尊敬する会社の社長が紹介していたので、読んでみたくなりました。

6月中には全部読み終えたいですね。
そして、大好きな絵本も読みたいです。
posted by えほん at 12:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上春樹の絵本

この前、Amazonで本をチェックしていたら、村上春樹の短編小説を再編集した絵本がありました。
「パン屋再襲撃」の絵本版でした。

小説は読んだことがありますが、絵本も読んでみたいなぁ、と思いました。
後で注文しておきたいと思います。

でも、大人になってしまうと、ほとんど絵本なんて読まないですよね。
子供がいれば、読み聞かせできますが、自分だけで読むということはほとんどありません。

たまに読むと、結構いい癒やしになると思いますが。
posted by えほん at 13:31 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の真夜中

今年最初のブログ更新は、こんな真夜中になってしまいました。
実は、仕事でやることがたくさんあって、大変なのです。

だから、今年に入ってから、あまり本を読めてません。
もう1ヶ月が経過してしまいます。
残念ですね・・・。

でも、もう少しで楽になれるだろうから、頑張ります。
体調を崩さないように・・・。
posted by えほん at 01:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の夜長に読書

最近は、ちょっとした時間に少しずつ読みたい本を読み進めています。
秋の夜長なのに、まとめて時間が取れないのが辛いところ。
でも、毎日少しずつでも読めているので、幸せです。

それに最近は、知り合いのブログを見ていたら、私がこれから読もうとしていた本が紹介されていました。
ビックリです。
感想が書いてあったので、興味深く読んでしまいました。

こういった偶然の一致というのは、何だかうれしいですね。
posted by えほん at 19:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カフェ

先週、カフェに行きました。
全然知らない店だったけど、知り合いが見つけて、行きたいと誘われたのです。

行ってみると、場所が分かりにくくてどこにあるのか分からない。
こんなところにカフェがあるのかと思いました。

そして、やっとのことで店を探したけど、普通に休んでいました。
金曜の夜に営業していないカフェって、あるのでしょうか?
今までで初めてです。
東京には、こんなカフェはありません。

ネットで調べてみても、あまり美味しくなかったと書かれていたので、行かなくて(休みで)本当に良かったと思います。
田舎のカフェなんて、客があまり来ないのでしょうね。
とんだ時間の無駄でした。
みなさんも行くときは注意してください。
posted by えほん at 12:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書感想文

もう夏休み真っ最中ですね。
子供たちは、読書感想文を書くために、毎日読書をしています。
まぁ、こういう時だけでなく、普段からも読書をして欲しいですけどね・・・。

それと、夏休み後半は恒例の絵本朗読会を開きます。
詳細が決まりましたら、連絡をしますので、よろしくお願いします。
posted by えほん at 19:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

布の絵本

昨日、楽天市場を物色していたら、子育てのカテゴリに「布の絵本」というのを見つけました。
紙ではなく、布でできた絵本です。
価格は、2000円〜4000円ほど。

布で作られたキャラクターが出てきて、手作り感いっぱいでとてもかわいかったです。
出産祝いにあげるプレゼントとしてもいいですね。

気になったので、機会があった時には、実際に買ってみたいと思います。
posted by えほん at 15:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンウィークの読書会

ゴールデンウィークですね。

ゴールデンウィーク後半は、地域の図書館で読書会が開かれます。
子供を集めた会場では、絵本の読み聞かせもあります。
私も朗読する予定なので、色々と絵本選びなどの準備をしたり、緊張しないように練習したりしています。

朗読する絵本は、「おじさんの風船」です。
あまり有名な作品ではありませんが、私が子供の頃から大好きな絵本です。

気に入ってくれる子供がいるといいなぁ、というところです。
posted by えほん at 15:42 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災から1年

去年の3/11の震災から1年が経ちました。

復興にはまだまだ時間がかかり、様々な問題も残っています。
この前、テレビを見ていたら、高台に新しい家を建てる話が出ているけれど、高台は瓦礫だらけ、という報道をやっていました。
高台の瓦礫が片付いて新しい家ができたとしても、高台ではなく山のような場所なので、車で行くにも降りるにも大変な場所、ということでした。
なかなか大変ですよね。

私は春になったら、ボランティアとして現地の子供たちに絵本を贈ったり、朗読会を開きたいと思っています。
今はそのための準備をしています。
仕事の合間に時間をみつけて準備をしています。
はやく実現できるといいと思っています。
posted by えほん at 13:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本よりマンガ?

最近、子供たちが大きくなってきたせいか、絵本よりもマンガを熱心に読んでいます。

ちょっと寂しい感じですが、仕方ないですね。
マンガを読む前には、必ず勉強や宿題をやらせています。

そのうちに、マンガよりも本や小説を熱心に読んでくれれば、と思っています。
色々な本を読むことは、大切ですからね。

ちなみに私は現在、確定申告の準備をしなくてはならないので、なかなか本が読めないでいます・・・。
posted by えほん at 14:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスに絵本の朗読

クリスマスに絵本の朗読をすることになりました。

知り合いがピアノの先生をしていて、そこで生徒の子供たちを集めて、クリスマス会を開くそうです。
お呼ばれしたので、私はいくつか絵本を持って行って、朗読をすることになりました。

今は準備で大変ですが、すごく楽しみです。
子供たちの笑顔を見るのが楽しみです。
posted by えほん at 15:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スティーブ・ジョブズの本

最近は、スティーブ・ジョブズの本が売れていますね。

私はあまりアップル製品を使ったことはありませんが、先日、彼が亡くなったニュースを聞いたときはちょっとショックでした。

でも、かなりすごい人ですね。
ニュース番組でも色々な逸話が紹介されていました。
ほぼ完成していたアイフォーンをこれではダメだと言って作り直しを命じたり、内側の見えない部分にもものすごいこだわりを持っていたり、などなど。

時間があったら、本も読んでみたいですね。
一体どんな人だったのか、ものすごく興味があります。
posted by えほん at 13:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書の秋

もう9月だから、季節は秋ですよね。
でも、まだまだ残暑が厳しい。

読書の秋にしたいのに、夜も蒸し暑くて、ゆっくり読書する気分にもなれませんね。
ちょっと残念です。
読みたい本はたくさんあるのに・・・。

ちなみに今読んでいる本は、風水関連の本です。
ガラクタを捨てれば運が開けるよ、という内容。
日本人ではなく、アメリカ人が書いています。
アメリカでもベストセラーになっていて、アメリカ人も風水に興味があるのだなぁ、と思いました。
posted by えほん at 13:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みは図書館へ行こう!

いよいよ、子供たちが夏休みに入りましたね。

ウチも毎日大変なことになっています。
朝から、騒がしいので、てんてこ舞いになってます。

それに、夏休みには子供を図書館へ連れて行くことにしています。
理由は静かだし、涼しいし、お気に入りの本が読めるから。

子供たちは、絵本の朗読コーナーへ預けておいて、私はそれを見ながら本を読むようにしています。
無料で時間が潰れるし、子供たちも喜んでくれるので、ウチの定番になっています。
posted by えほん at 15:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子書籍で絵本

最近は、本当に電子書籍をよく目にします。
今日の日経新聞にも、電子書籍の記事が掲載されていました。

電子書籍は、音楽を流したり、絵を動かしたりできるので、絵本向きかと思います。
子供も喜びそうだし。

でも、目に悪いと思うので、子供があまり凝視しないようにする工夫も大切ですよね。
その辺のことを考えて、きちんと開発して欲しいと思います。
posted by えほん at 13:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作り絵本

この前テレビを見ていたら、お母さんが子供のために、絵本を手作りしていました。

本棚には、お母さんの手作り絵本がたくさん並んでいて、子供が小さい頃から作っていて、読み聞かせをしていたそうです。
とっても素敵だなぁ、と思いました。

私は小学生の頃に、学校の授業で絵本を作ったことがあります。
自分で物語を考えて、絵も描きました。
我ながら良く出来た、と思っていたのだけど、先生からの評価はイマイチだったので、とても残念に思った記憶が残っています。
posted by えほん at 12:56 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災後の寄付

東日本大震災では、多くの方が避難生活を送っています。

食料や燃料も足らずに、とても辛い毎日を送っていることと思います。
私も計画停電を経験しましたが、たった3時間の停電でも、体は冷えるし何もできないし、ということで大変でした。
これが毎日続くというのは、本当に耐えられないと思います。

私にできることは、募金と物を寄付することだけです。
部屋には絵本がたくさんあるので、被災地の子供たちのために、絵本を贈ることにしました。
役所に行くと、受け付けている物品が分かるので、調べてみるのも良いと思います。
posted by えほん at 12:49 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に絵だけの絵本

普通の絵本は、絵が大きく描かれていて、文章がちょこっとあります。

でも、最近は、本当に絵だけの絵本を見つけることにしています。
雑誌「ダ・ヴィンチ」を見ていたら、ある絵本を見つけて、それが本当に絵だけで作られていたからです。

絵だけで物語が進行するので、読む人にとって、想像がとても広がるでしょう。
感じ方も違うと思います。
面白いですよね。
posted by えほん at 13:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子書籍

最近は、電子書籍の話をよく聞きますね。
作家の村上龍さんは、自ら専門の会社を立ち上げました。
iPadも売れていますよね。

来年は電子書籍化がもっと進むと思います。
本よりも先に発売される作品が増えそうですよね。
価格も安いし、持ち運ぶ時には重くないですし。

それに、近い将来には、ジャンプなどのマンガ雑誌も電子化して配信されそうですよね。
違法コピーの問題もクリアしないといけませんが。
posted by えほん at 12:49 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人辞めました

この前、他のライターさんから連絡がありました。

転職をするので、ライターの仕事を辞めたい、とのこと。
転職と引越しをする必要があるので、当分の間はライターができない、ということでした。

やる気のある方だっただけに残念。
引き止めても仕方ないので、OKしてあげました。
色々と考えた結果なので、仕方ないですね。

来年あたりに、新しくライターさんを募集しようと考えています。
posted by えほん at 13:26 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライターさんは大変

この前、知り合いになったライターさんと、色々と情報交換をしています。

でも、色々とお仕事は大変なようですね。
仕事を依頼されるけど、単価が安かったりして、なかなか折り合いがつかないそうです。

継続して仕事をすれば、単価は上がるそうですが、それまでが大変なようですね。

それに、調べるために図書館へ行ったり、本を読むための時間も取られます。
この時間のお給料は支払われないので、ちょっと文句を言ってました(笑)。
posted by えほん at 12:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライターさん

最近、仕事でライターさんと知り合いになりました。

雑誌編集の仕事を6年ほどやってから、フリーのライターとして独立したそうです。
文章を書くことが得意な人は、それだけで仕事になるからすごいですよね。

でも、得意なジャンルではない文章を依頼されると、調べながら書かなくてはならないので大変そうです。
図書館へ行ったりして、調べたりするそうです。

私ももう少し文章が上手に書けたら、ちょっとやってみたいなぁ、と思います。
在宅でできる魅力もありますよね。
少しずつコツを教えてもらおうかな。
posted by えほん at 13:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

献血ルーム

昨日、駅前を歩いていたら、献血ルームがありました。

外から見たら、本棚があって、本がたくさんあったので、「何だろう?」と思って見たら、献血ルームだったのです。

きっと、献血が終わった人たちは、あの本を読みながら、休憩するのだろうなぁ、と思いました。
どんな本があるのか興味があったけど、そこまでは見えませんでした。
ちょっと残念。

でも、絵本は無いと思います。
子供は献血しませんものね・・・。
posted by えほん at 13:23 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵本より携帯動画

この前、テレビを見ていたら、小さな子供が携帯動画を見ていました。

泣いたらお気に入りの携帯動画を見せると、すぐに泣き止むそうです。
やっぱり、絵本は今や時代遅れなのでしょうか。
ちょっと寂しいです。

でも、絵本には絵本の良さがありますよね。
お母さんは時間を作って、子供と一緒に読んであげるべきです。

私も小さい頃は、夜寝る前に絵本をたくさん読んでもらいました。
今では良い思い出として残っています。
posted by えほん at 14:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読みたい本がたくさん

最近、色々な人からオススメの本を薦められます。

一応、タイトルと著者を全部メモしてあるのですが、なかなか時間がなくて読みきれません。
10冊ほどあると、本代もバカにならないですよね。

でも、人が紹介してくれた本は、なるべく読むようにしています。
その理由は、その人が紹介してくれなければ、読まなかった可能性が高いから。

本や雑誌、新聞などの発行物は、毎日2,500点以上発行されています。
この中から、自分で読みたい本だけを探すのは、ほぼ不可能。

だから、人がオススメする本というのは、それだけでも運命的なのです。
posted by えほん at 13:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本が届かない!

この前、仕事に必要な本が3冊あったので、楽天ブックスで注文しました。
でも、連休に入ってしまったので、発送されません。
連休中に読もうと思っていたのですが、届かない!
ちょっと失敗しました。

まぁ、それほど急ぎではないので、連休明けに頑張ることにします。

でも、他の通販ショップでは、連休中も発送していたそうです。
注文する前に、ちゃんと調べておけばよかった・・・。
posted by えほん at 13:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事の本を2冊

また、仕事の関係で本を2冊読むことになりました。
先輩にオススメされた本です。

1冊は「日本一のホームページ成功請負人が教える究極のネット集客術」。
もう1冊は「キャッシング教本」です。

自分で買わなくてはいけないので、アマゾンの欲しい物リストに登録しておきました。
後で一緒に買おうと思っているのですが、なかなか注文に踏み切れません・・・。

でも、評価も良いので、絶対に読んでみようと思います。
読んだら、感想を書きますね。
(絵本じゃなくてごめんなさい。)
posted by えほん at 14:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中高年のための本

最近、仕事で中高年のための本を読む機会が増えてきました。
図書館へ行った時にも、中高年向けの本がたくさんありました。

やはり、高齢化社会なので、図書館を利用する中高年も増えているのでしょうか。
色々な入門用の本がありました。
趣味や実用など、本当にたくさん。

分かりやすく解説されているし、文字も大きめに作られていました。
こういった本は、これからも増えていきそうですね。
posted by えほん at 13:09 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間ができてきた

最近は、やっと自分の時間ができるようになってきました。
本もたくさん読めるようになってます。
ちょっとうれしい。

最近読んだのは、話題の「フリー」です。
日経新聞で紹介されていたので、読んでみたくなりました。
考えてみると、テレビCMでも色々な商品の無料サンプルを配ったりしていますよね。
請求をすると、その後にダイレクトメールが届くようになります(体験済み)。
でも、勧誘の電話が来ないだけ、良いと思いますね。
posted by えほん at 13:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1Q84 第3巻

村上春樹「1Q84」の第3巻が発売されますね。
前から出る出る、と言われていましたが、本当になりました。
今からワクワクしています。
もちろん、既に予約を済ませました。

それに、今年はどんな本がベストセラーになるでしょうか?
去年は「1Q84」の一人勝ちでしたが、今年もそうなってしまいそうな予感がします。
posted by えほん at 12:52 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

推理小説

最近は推理小説を読んでいます。
架空の話ではなく、実際にあった事件を元に作られているので面白いです。
つい最近あった事件をモチーフにされている話も入っていて、興味深く読みました。

でも、刑事や鑑識の人って、最新技術を使って、様々なことを分析したり調べたりしています。
絶対に証拠が残るので、悪いことはできない!ということがよくわかります。
DNAとか指紋とか。

それに、不鮮明な監視カメラの映像でも、様々な画像処理をすることで、色々なことが分かるようになるんですね。
びっくりしました。
posted by えほん at 12:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス書

最近は、ビジネス書を読むことが多いです。
仕事の関係もあるので。

ビジネスで成功した話というのは、セミナーに行ったり、本を読まないと知ることができないし、今まで自分の知らなかった分野でこんなに稼げるんだ、ということを知ることができます。
今読んでいる本も、今までは誰も稼いでいなかったジャンルで大成功した例が紹介されています。

それに、このビジネスモデルは、どのジャンルにも当てはめて考えることができます。
この本を読んだ人の多くは、何でこの方法を紹介してしまったのだろう?と疑問に思うそうです。

でも、マネをするためには、他にも色々なノウハウが必要になります。
考え方が一つ違えば、失敗してしまう場合もあるようです。

その代わり、しっかりと考えて実践していけば、きっと上手く行くそうです。
私もちょっと刺激されました。
posted by えほん at 13:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1Q84の続編?

ネットのニュースを見ていたら、村上春樹の「1Q84」の続編が出るのでは!?という記事を見つけました。
来年の出版を目指して執筆しているようですが、本当かどうかは不明です。
書店には予約の注文も来ているようですが、発売が決定していないので、困っているようです。

でも、本当に出版されるとしたら、とてもうれしいです。
過去には「ねじまき鳥クロニクル」も2巻で完結だったのに、続編が出たということもあるし。
posted by えほん at 14:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書の時間ができました

夏も終わって、身辺も落ち着いてきたので、読書の時間ができてきました。
毎日2時間くらいは、自由時間を確保できるので、今までの分を取り返すように、本を読んでいます。
やっと読みたくて積んでおいた本を片付けることができます。
薄っすらとホコリがたまってしまいそうだったので、ひと安心。

それに、秋の夜長なので、読書をして過ごすのにピッタリですよね。
涼しくなってきたし。
posted by えほん at 13:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書の時間がありません

夏休みに入ったせいか、色々と忙しくて、読書をする時間が全くありません。
読みかけの本もあるから、かなり残念な感じです。
ちょっとした時間に雑誌をパラパラと見るくらいしか、余裕がありません。

夏休みが終われば、少しは落ち着いてくるかなぁ、と思っています。
早く夏が終わりますように・・・。
(何かヘンなお願いだけど。)
posted by えほん at 13:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館司書

最近、図書館司書に興味があります。
図書館員として働くための資格ですね。

図書館で働くのって簡単だろうと思っていたのですが、「図書館員への招待」という本を読んでいたら、意外と難しそうです。
専門用語(ISBNなど)をきちんと理解していないといけないし、その人が探している本、ニーズに合った本を探し出す能力がなければなれません。
それに、募集も少ないので、図書館司書として働くのは狭き門となっていいるそうです。

小学校の頃、若い女の先生が図書室専門の先生として、赴任してきたことがあります。
きっと、その先生は司書を目指していたのだと思います。
すぐにみんなの人気者になって、休み時間に図書館へ行く子たちが増えました。

こう考えてみると、図書館司書って魅力的な仕事ですよね。
posted by えほん at 13:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おたまじゃくしが空から降ってきた

最近、「おたまじゃくしが空から降ってきた」というニュースが話題になっていますね。
こういった現象は世界各地であるそうですが、原因は竜巻だろうとされています。

でも、日本で起きたこの現象は、竜巻が発生するような天候ではなかったため、謎に包まれているそうです。
それに、今日ニュースを見ていたら、小魚が民家の前に数匹落ちていた、というニュースもやっていました。

こうなると、誰かのイタズラの可能性が高いような感じもします。
ミステリーサークルのように。

一体、この謎はいつ解き明かされるのでしょうか??
posted by えほん at 13:37 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館で紙芝居

この前、久しぶりに図書館へ行きました。
夕方だったので、ちょうど学校帰りの子供たちもたくさんいました。
子供向けの本のコーナーには、絵本がたくさんありました。
みんな、友達と一緒に絵本を探して読んでいました。

そのうちに、高学年の子が低学年や幼稚園の子供たちに、紙芝居を読んであげるコーナーが始まりました。
紙芝居を見たのも久しぶり。
とっても懐かしかったし、子供たちは真剣に見ていました。
こんな風景っていいですね。
posted by えほん at 13:25 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入学式

近所に学校が3つあります。
小学校、中学校、高校の3つ。

先週は、新しい制服を着た学生をたくさん見かけました。
もちろん、親子連れです。
きっと、入学式の帰りだったのでしょう。

こういう風景を見ると、自分の入学式を思い出しますね。
ちょっと懐かしい気持ちになりました。
posted by えほん at 13:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春休み

もうすぐ、学校は春休みです。
春休みは短いけど、学生時代は楽しかったなぁ、と思い出しました。
友達と卒業旅行へ行ったり、家族と一緒に出かけたり。
中でも印象に残っているのは牧場です。
とっても気持ちよかった。
空気も美味しかったし。

最近はまた、東京ディズニーランドへいきたいなぁ、と思ってます。
最後に行ったのは、たぶん3年前。
久しぶりに遊びに行きたいです。
posted by えほん at 13:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あめをかんじるじゅぎょう 3

中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。
とっても太っ腹、パワフルな先生との楽しい楽しい思い出を書いています。

この前の続きです。

遊んだあとがまた大変。
ひとりづつ、からだにホースで水道の水をかけて洗ってくれたそうです。

前も書きましたが汚れ方には個人差があって、体操着を脱いで手足を洗えばだいたいきれいになる子もいれば、水着の中まで泥んこ、髪の毛まで泥だらけの子も…。
先生と技師さんとで、ひとりづつ外の足洗い場でホースで頭からじゃぶじゃぶ。
冷た〜〜い水!
なかなか汚れもとれません。

30人以上の子を洗うのには、どんなに時間がかかったでしょう!
先生だって泥だらけ…。

でも最後まで楽しそうにひとりずつお話しながら、水をかけあって遊んでいたとのこと。

子供たちもだんだんさむ〜〜くなってきて、洗ってもらいながら、ぶるぶるの子も。
泥んこ汚れのひどい子供たちは、保健室の先生が保健室にヒーターをつけて待っていてくれたそうです。保健室でスッポンポンのはだかんぼになって、流しで洗ったり、髪をかわかしたりしてくれたようでした。
泥んこ坊主たちの体をあたためてくれました。

汚した水着や服も、先生といっしょに洗ったのでしょう。
さほどひどい状態ではなくスーパーの袋に入っておみやげとなりました。
posted by えほん at 13:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あめをかんじるじょぎょう 2

今は中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。
とっても太っ腹、パワフルな先生との楽しい楽しい思い出を書いています。

この前の続きです。
 
遊んでいるうちに、どんどん泥んこまみれになっていくのは、ご想像のとおりです。
個人差がすごーくあって、足だけ泥の子、泥穴には入らない子もいたようですし、悲惨な状況の子も…。

悲惨な状況の子…ある意味では一番この授業を楽しんでいる子…の中にもちろん、うちのもいますね〜。
手も顔も泥人形状態。降る雨で顔を手を洗い、水分が足りないと先生の持つホースからの水で洗い、なんとか視力を確保しながら盛り上がったのでしょう。
見てないけどわかる〜。
我が子だもんね。

そして、みなさんも、泥んこの体・泥んこの服・30人以上の泥んこ1年生。
遊んだあとはどうするの?がご心配だと思います。

ごめんなさい!
続きはまた後で。
夫が帰ってきました。

全く毎日遅いよ!!
じゃあまた。
posted by えほん at 14:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あめをかんじるじゅぎょう

今は中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。
とっても太っ腹、パワフルな先生との楽しい楽しい思い出を書いています。

わたしは残念ながら、見学にいけませんでした。
下の子が風邪ひいてました。
だから、こどもの話や他のおかあさんの話や、先生の後日談より、ご報告しま〜す。

雨は降っていましたが、ぱらぱら…程度だったようです。
子供たちははだしで、下は水着だけの子もいれば体育着の半ズボンの子もいたようです。
上は半そで体育着をきていたらしい。

始めにみんなが「ワー」っと言いながら校庭に出てきて、校庭のまわりを走ったそうです。
先生もいっしょに。

雨の中ぬれるのを覚悟で楽しんで走るって初めてだよねぇ。
「うわーぬれちゃった」
じゃなくて「あめさん、どんどんふってきて〜」ですものね!

そして、先生の掘った穴に水がたまるほどの雨ではなかったので、先生はご丁寧にホースで水道の水を穴に入れたんだって!!
もちろんどろぬま状態…でしょう!
子供たちの楽しそうな様子が目に浮かぶのですが、三十数名の子供とおとなひとりのどろんこ姿。
みていたら「あれ〜ぎょえ〜?」「そんなことまでするの〜??」と思ったかもしれません。

先日百人一首のことを書いたのですが、わたしたちは、日本に生まれて四季があり、西洋の人々も認める伝統や文化にふれています。
普段はあまり気にしないし、どんどん洋風の生活になっていきますが、こんな本を読むと、やっぱり日本って素敵な国、すてたもんじゃないなぁって思います。
posted by えほん at 14:31 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかあちゃん、おっけー?

今は中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。
とっても太っ腹、パワフルな先生との楽しい楽しい思い出を書いています。

なつやすみが終わってまもなく、息子が学校から帰って来てすぐ、「おかあちゃん、れんらくちょうに『あめをかんじるじょぎょうおっけー(OK)』って書いてね!」と言ってきました。

その時点では、わたしは先生が校庭を掘っていることも知らないわけで、「あめをかんじる…ってなあに?」

息子
あしたあめがふったらこうていで、あそぼうってせんせいがいってた。
『かぜひきさんは、あそべないし、どろんこになってもいいか、おかあちゃんにきいてきてね!』っていってた。」

そして、連絡帳を見ると息子のきたない字が…。
こんなことがかいてありました。

あしたあめがふったらあめをかんじるじゅぎょう。
もちもの・みずぎ、ばすたおる、たいいくぎ、すーぱーのふくろ
おうちのかたにちゃんとおはなしして、『あめをかんじるじゅぎょうおっけー』と、さいんもらってくること。
posted by えほん at 13:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校庭での楽しい思い出

今は中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。
とっても太っ腹、パワフルな先生との楽しい楽しい思い出を書いています。

スコップを持って暑い中(8月下旬です)先生は校庭で大きいお風呂のような四角の穴を掘っていました。
深さは子供の胸くらいあったようです。

それとは別に、長〜い浅い水路のような穴も掘ったらしい。

夏休みの終わりに、技師さんの手伝いをもらって二人で汗だくで掘ったらしいです。
何をしようとしているかというと…?

なつやすみが終わって学校に出てきた子供たちと一緒に「雨を感じる」授業をしようと思っていたのでした。
(あとで聞いた話ですが、校長先生にはもちろん計画をお話しし反対されたようです…、でも先生はいつも押し切ってやっちゃうんですよね)

うつくしい島、ぷかぷかランド。
絵がとても細かく凝っているなあ。
こびとちゃんのような不思議ないきものが住んでいます。
すてきなおくりものってなあに?
posted by えほん at 17:34 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

校庭で

今は中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。
とっても太っ腹、パワフルな先生との楽しい楽しい思い出を書いています。

1年生になった息子もすっかり学校に慣れて、無事なつやすみを迎えました。
そして、なつやすみも終わる頃。
先生は暑い中、校庭でなにやら始めていました。

だれも当たらないとは思いますが、クイズです。
さて、先生は何をしようとしていたでしょうか??

ヒント1.大きなスコップを持っています。
ヒント2.こんなことやっちゃう先生は初めて見ました。
ヒント3.こんなことやっちゃう先生はそれ以降見たことがありません。

なんかヒントにならないのですが…。
この先生のやることったらすごいよ〜。

百人一首って高校生くらいのときに習いましたよねぇ。
この本は、とても丁寧に意味が解説してあって、おとなでも楽しめます。
小さい頃、お正月に百人一首遊びをした思い出があります。
うちの子たちとも、やろうかな!
意味が少し分かれば楽しいかなと思って買いました。
posted by えほん at 19:53 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懇談会は満員

今は中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。
1年1組の懇談会は、こんな感じでいつも満員御礼でした。
おとなりのクラスでは、10人に満たない参加者で静かに懇談が進んでいても、1年1組は大賑わいでみんなでガハガハ笑い、ちょっぴり涙し、みんなで悩み…とってもいい雰囲気で、先生も親も一緒に子供たちのことを語り合いました。

当時、学級崩壊という言葉がよく聞かれていました。
子供が勝手な行動をし、先生はそれを止めることもひきつける授業をすることもできない…という学級崩壊。
うちの学校でも他の学年でそんなことがあったようです。

これについて先生は「なーんで、学級崩壊なんて起こるのかなぁ。わっかんないなぁ。100人でも担任できると思うけどなぁ…。」と、の〜〜んびりした口調でコメント。
貫禄と自信ですね。
posted by えほん at 14:26 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラスのみなさんごめんなさい

中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。

先生のわたしへのお話が終わってから、今日の授業参観のときの息子の態度を…親としてはやっぱり一言ごめんなさいを言わなくっちゃ帰れませんよねぇ。

わたし
「息子が授業中にガタガタしたり、いすを倒したりしてごめんなさい。先生、みなさんのお子さん、ごめんなさい。」
         
先生
「ああ、それはだいじょうぶよ〜。みんな私のほう見てるから。誰もゆうちゃんのこと見てないもの!授業のじゃまになるようだったら注意するわよ〜〜。」

わたし
「落ち着きがないのは今日だけなのでしょうか?もしかして、いつもこんな感じ…?」

先生「そういえば、いつもごそごそしてるかもねぇ。
でもゆうちゃんも『このプリント終わった人から遊んでいいよ!』っていうと、パパッとプリントやってるよ。勉強は分かってるみたいだからだいじょうぶよ〜〜〜!!」

わたし
(言葉が出ない)

黒川みつひろさんの、恐竜トリケラトプスのシリーズはうちの男の子たちが大好きでした。
わたしは、恐竜ものはあんまり好きではなかったのですが、子供につられて読んでみると友情あり冒険ありで、感動しました!!
posted by えほん at 14:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学級懇談会の続き

今は中学生になった次男の小学校1年生の時の話です。
昨日の続きです。

学級懇談会で、先生がうちの息子についてのエピソードを話し始めました。

「持ち物が教室中に落ちてるのよ。」
わたし…(なんじゃそれは??)

「消しゴムとか、えんぴつとか、ハンカチとか…席とは、遠い位置まで散らばっちゃってるんですよ〜。どうやってここまで飛ばしてるのか不思議…。」
(わたしだって不思議だわよ…)

「だからおかあさんにお願いしたいのは……」

みなさん、ここで先生の次の言葉は「持ち物の管理がしっかりできるようにおうちでも声がけしてくださいね!」
だと思うでしょ!!

ところがハズレ。
「だからおかあさんにお願いしたいのは、全部名前書いといてね。持ち物散らばっちゃう子がもうひとりいるのよ。落ちてるものはだいたいその子かゆうちゃんのものなんだけど、名前あれば持ち主に返せるからね…あっはっは!!」

どう思います?
教育している人間の言葉とは思えませんよね。
はぁ〜。
posted by えほん at 16:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学級懇談会

今は中学生になった次男の、小学校1年生の時の話です。

学級懇談会で先生が、参加しているお母さんに向かって、それぞれのお子さんとの楽しいほほえましい学校生活を話し始めました。
お母さんと会話しながら、「うんうん」「それは、こうしたほうがよかったかな!」とアドバイスもあり、お母さんからの意見も聞きながら。

だから、ひとりにかかる時間が長い長い。

でも、お話がとっても楽しいのと、他の子のお話の中にも我が子が登場すると先生がちゃんと母も紹介してくれて、いつもお世話になっている仲良しのお友達のお母さんとも仲良しになれる、というダブルのスペシャル効果もあって、みんなニコニコしながら聞いていました。
気が付けば、まわりのクラスの懇談会はみんな終わっていて、教頭先生が「ここのクラスはまだ終わらないの」と様子を見に来たりして。
 先生は「教頭先生帰るの?わたし戸締りしますから、帰っていいわよ〜。」なんてこと言って、平気で懇談会を続けたような覚えがあります。

さて、気になる、うちの息子への先生のお言葉はどんなだったでしょう?

授業参観の日のお話です。
おうちでは誰も来てくれません。
他の子はママが来るので張り切っています。
さて、どんな参観日になるかな?
posted by えほん at 20:02 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。